大航海時代のエウロスサーバーでの生活記録。のらりくらりとまったりのんびり迷走中

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サルベージ修行の傍らで、地理あげもできれば・・とおもったんですが。
なかなかそううまくもいかない状態です。はい。

2008y03m16d_183256921



最初に地図をみたとき・・・・「どこだよぉぉぉ!これぇぇ!」と叫びましたよ。ええ。地理特定に困るのは毎度のことです。

ナミビア沖の島付近か・・・?とおもいつつも、ぐおー社長に見てもらうと「マダガスカル沖じゃね?」といわれました。

マダガスカル沖の☆6は・・・発見物じゃーーん!
発見物キターー!(・∀・)

と、うきうきと定期船のってケープいってむかったわけですが・・・

いやぁ、甘かった。

うん、引き上げられないんだもん・・・・
50%までいくと、ロープ切れます。

Wiki見ると発見物の可能性大。
シャウトすれば協力してくれる人がいるかもしれない。だが・・・・
発見物です。協力してくれた人に、一緒に船内探索してもらうのはいいけど・・
でも・・・・

断片地図を提供してくれている人たちへの、恩返しになるんだよね・・・

なんせ、発見物はよく、断片地図や金銭で同行するシャウトがかかっている。
私に断片地図をまわしてくれる人にお返ししたいじゃーないですか。


と、いうわけで延々とやるも、引き上げ無理。

じーなさんに、ヨーロッパでのクエを終わらせたらきてもらおうかなぁとおもいつつ、どうせ引き上げられないなら、とサルベージスキル上げを兼ねて引き上げしてみる。


船が傷む→修理する、を繰り返して修理がR9なりました(照

船員が全員振り落とされたら、救命具をつかって船員を一人救助。
そしてその一人でまたサルベージ・・・・・・


ある名倉の嘆き

あのときは、本当にどうしようかとおもったぜ。船長がいうから海底から船を引き上げようとしたんだが・・・・気がついたときは、船から放り出されて波間にただよっててよ・・・
船が沈むあの勢いに巻き込まれて沈むかとおもったそのとき、浮き輪が投げ入れられたのさ。
慌ててつかんで助かったのはいいが、命拾いをしたのは俺一人さぁ。
タマタブに戻るのかとおもったのに、船長は晴れやかに笑って・・・俺一人でサルベージするように言い出した。
当然俺は、一人で引き上げられる船じゃねぇ!と叫んだね。
だが、やつは『問題ない。船は上げられなくても熟練度は上がる』などと、メガネを押し上げてそういったのさ・・・

・・・・・俺一人でやったところで、引き上げ率はたかが知れている・・・・
長時間のサルベージで、ロープが耐え切れずに、引き上げ中の船は沈み、俺もそのまま、また海に放り出され・・・・・

・・・・・そしてまた、浮き輪が投げ入れられて・・・・

たった一人でサルベージをし、海に沈み、助かってもまたサルベージを繰り返す・・・・俺は本当は死んで、悪夢をみてるんじゃないかとおもったさぁ。

ほら、一生懸命なんかつくっては壊され、またつくっては壊される地獄ってあるっていうじゃないか・・・

だけどさ。俺は地獄におちるほど悪いことした覚えはないんだけど・・な・・


なんてストーリーが浮かびそうな感じで一名の名倉をサルベージ→救助でやってましたが・・・飽きるよ、( ・Д・)

なんてしていたら、ぱてなんが駆けつけてくれた!
わーーい!
私も喜んだが、名倉も喜んだに違いない。

2008y03m16d_161531296



ぱてなんのおかげで引き上げとタマタブまでの曳航もすんなりといき、ヨーロッパへ帰還!
じーなさんと兄さんとも合流して・・・・ちょうど後一人枠あるので、沈没船地図を以前にくれたアリアドネさん(通称どねさん)を呼んで探検!


えー・・・船内はひろかったんですが、Lv31ばかりで沸いて倒すの無理です。
さけつつ宝箱を回収。

無事発見

2008y03m16d_185808421



ようは提督が脱出したらみんな脱出なので、絡まれても撤退で襲撃者をおきっぱなしにしたまま逃げました。

どねさんのもってた沈没船も探検させてもらったけど、そのときはLV23一人だったので、みんなで囲めば怖くない!と、ふるぼっこにしたり。





2008y03m16d_210629625



その後、一人でブエノスアイレスにいってまた引き上げ。これはあっさり終了。
発見物ではないし、小さい船内だったので一人で探索・・・・

2008y03m16d_211709593



・・・・・すんごい小さい船でこれだけ襲撃者くるんだね・・・

一人でしたので、そそくさと脇をすりぬけて逃げたのはいうまでもありません

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://meganedol.blog48.fc2.com/tb.php/78-09084239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。