大航海時代のエウロスサーバーでの生活記録。のらりくらりとまったりのんびり迷走中

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結局バザってた安東焼酎は売れませんでした。
45Kだったのに!ぼってないのにぃいい!と思ったり。

持ち帰る気にはなれないので、日本でなにかと交換したり、
それを朝鮮にもってったり、台湾にもってったり・・・・・

そしたら江戸で、巫女服みせて!とロリッツさんに話しかけられた。

2010y09m28d_183451984.jpg

着てみたいというので、あとでちゃんと返してねーといって貸し出し。
そこまで非道じゃないよ!といわれたけど
色つきの有無に限らず、フレとか身内じゃない人に貸し出すには
どっきどきのレアなんだもん!
売ってるならまだ、いいかーなんですが・・・・売ってないよね。
売ってたら予備として買うのになぁ!!

もうすぐ安全解除とかで、海賊さんたちの準備の時間のようです。
襲ってやると思ってるのに捕まえられないとかいわれたけど
何度か沈められてますぜ・・・・

そして無法海域「で」沈められたことはあるけど
無法海域にするため「に」沈んだことはない!と力説。

がんばって逃げるから!と宣言して、ちょこちょこやったあとに
政宗さまからお呼び出しが!

2010y09m28d_180330187.jpg

…………………
馬上筒……いらな、い。

狙撃術上げはしてるけどさー、弓なんだよぅ弓!
しかもこれ、誰かにあげようにも使う人いないだろーーーー!

天裁呪符か東アジア造船紙くださいよぅぅ

そしてそろそろ脱出しようとして・・・・

・・・・・商会定期船、今回、復路は利用できなかったようです。
そいえばチュニスちょこちょこいってたっけ。

東南アジアのジャカルタから定期船のるかなーとおもったら
時間を勘違いしていたようで、一時間待ち。
インドで陸戦上げをしようかなーと思ってたのと、用事があったので
それなら自走していくかー・・・・とおもいきや。

………もう色つきに封鎖されてるのかいな!

このとき乗っていたのは、シャア専用です。
となれば?

タイミングを見計らって、ジャカルタを出港。
ガレー船が追いかけてきたけれども、そこは旋回と急加速をつかって
思いっきり逃げます。

なんせこちらはコルヴェット。
そしてジャカルタ前では戸惑いながらも脱出できない商船がたくさんあるわけです。

商船とコルヴェットといったら、そりゃー、商船のが美味しいでしょうしね。
本気で追っかけられたらどうなったかは定かではありませんが
こちらを追っかけて商船逃がすよりはと判断したのか
早々とあきらめてくれたのでラッキー

んで、インドで用事をすませて・・・・・

2010y09m28d_221103906.jpg

広場で膝をかかえて、人待ち。
久しぶりにあめちゃんに会ったよ!
東南アジアの勅命をうけて行っていたあめちゃんだよ!

世間では、ツンツンして特定の人にデレるのをツンデレというそうですが。
あめちゃんは他の人には優しいのに、とりきちにだけはツン発動だから
この場合はデレツンというのでしょうか……

インドでこのまま修行する気だったんですが、商会の人たちに
カイロでのテク上げに誘われているので、帰ることにしました。

宝石商人転職クエをうけて、そのまま欧州へ帰ります。
ついでにインドでの交易もしっかり。

道中は海賊が東アジアに集結してるせいか、ものすごーーーく平和でした。

2010y09m29d_000145187.jpg

セビリアで、交易品を売り払ったけれども
そりゃー南蛮よりは儲けはアレだけど。
やっぱ交易ってこういうのよねーと思ったり。

一方あめちゃんは、世界周航がきたようです。

2010-09-29_00-37-34.jpg

地道に確実に育っているようですね!

予定としては、Cafeたまねぎ剣士部に入部してテク上げですが……
みんながいるから、大丈夫だろうとはおもうんだけど……
むしろ、足をひっぱらないかが心配なとりきちです。

↓ランキングに参加しています


スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://meganedol.blog48.fc2.com/tb.php/326-2dd0c51e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。