大航海時代のエウロスサーバーでの生活記録。のらりくらりとまったりのんびり迷走中

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釜山というと、演歌の「釜山港へ帰れ」が脳内に流れるとりきちです。
というか、それ以外に釜山のイメージがありません。

本日は大海戦で、リアル用事で帰りが遅いから支援も一回だけの参加も
できないしなーということだったんですが、リアル用事がキャンセルくらいました。

まぁ、欧州かえるの面倒だしなぁ・・・・・で、南蛮をしてる可能性大です。
ああ、でも19時の商会定期船で帰れたら参加できるのか。
ロットだけ・・・とか迷うなぁ。

だってですね・・・

2010y07m23d_013645953.jpg

東南アジアが安全になったんですよ。
早くありませんか!?
東アジアは無法ですが・・・無法アタックはいつものことです。
でも、東南アジアが安全ということは・・・ですよ?
東南アジアで積み込みが容易ということ。
つまり、東アジアと東南アジアでの交易で稼ぐこともできるわけです。

やっぱさ・・・・シャア専用つくりなおしかなぁ・・・・とかおもうと。
そのための特殊船塗料とか鉄装材とかを・・・・資金用意しておかないと・・・・
キュリッパーはさすがに作り直しはなぁ・・・・
倉庫容量が変わるわけでもないし・・・と、物欲を必死でおさえております。
んで、やったことといえば、ひたすら釜山いきのための貢献稼ぎ。

某SNSにて提供していただいた情報を元に
等価交換できる品物を買い込んで、朝鮮へ。
町状態をみつつ、朝鮮から台湾にいって、台湾から朝鮮にいって・・・・
東南アジアで売れる品物に変えて、東南アジアへ持ち込んで
仕入れとカテとで赤字がでないような計算をして
ひたすら往復です。

大海戦前日なせいか、海賊が以外と少なかったですよ!

少ない・・・といっても、会うときは会うんですけどね。
実際、安平前にて出ようとしたら・・・
出港した途端、近寄ってくるネデ海賊。
慌てて停船です。

torikichi>いやーんw

Jack.K.Sparow>(´∀`*)ポッ
Jack.K.Sparow>すげーw
Jack.K.Sparow>オスマン
Jack.K.Sparow>カラーやw


torikichi>ああ・・・南蛮の稼ぎをすべて

Jack.K.Sparow>www

torikichi>つぎこんだ船です!

Jack.K.Sparow>それに免じて
Jack.K.Sparow>通りな!!


torikichi>ありがとーーー!


2010y07m22d_233025625.jpg

ブログに掲載するのも許可していただきましたっ。

ものすごいラッキー!
まぁ、たぶん・・・・・見逃してもらえるのも、一度きりだろうし
そうそうこういうことはないだろうなぁ。

その船よこせーー!といわれて襲われることのほうが多いです。
むしろ貧乏なんだよーというと、「そんな船つくるからだ!」とかいわれたり。

せっせと運んでいる最中に、フガさんから戦利品をわけてもらったり、
天狼の方をお会いしたり。

漢陽で、閣下のとこの商会長、くーぽらさんにもお会いしました。

敬礼したら・・・・・

ヴァイオリンを演奏されたっ

さ・・・・・さすがだぜ・・・・・
さすが、閣下のとこのフローレンス商船団の商会長だ・・・・

2010y07m23d_004624984.jpg

これからダンジョンへ向うということでした。
海賊仕事じゃなくてよかった!

などとそんなこんなで、地道にひたすら交易品を運んでおりましたら・・・・

2010y07m23d_042056218.jpg


やったーーーー!

釜山許可、げっと!☆ミ

まだ朝鮮品を欧州へ持ち帰ってないので、それを試してもいいし
ちょっと各港の在庫状況などなどさぐってみて
南蛮交易の整理などをしてみてもいいかもしれませんね。


・・・・・・・・・・南蛮ばかりしないで、止まっている海事上げしろや!
というのはつっこまない方向でお願いいたします。


↓ランキングに参加しています


スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://meganedol.blog48.fc2.com/tb.php/266-e5c2c726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。