大航海時代のエウロスサーバーでの生活記録。のらりくらりとまったりのんびり迷走中

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、前回の南蛮貿易の帰りに、社長の手を借りて沈没船をひきあげたとりきち。
ヨロッパに帰って、閣下とカフも加わって探検しました。


2010y01m03d_204303500


ブエン・ヘスス号?ってのを発見。もうすでに閣下とぐおー社長は発見済みでした。


2010y01m03d_204700453


もうでるよーーというのに、船の片隅でいぢけて藻屑になろうとしてる閣下。
残念なことに、わたしがでてしまうと閣下もでることになるので、海のそこに沈めることができません。
本当に残念です。



そして。南蛮交易をするにあたり、イモがいい!というので、食品取引とりました。いや、前もってたんですよ。だけどね、スキルブックができる前で、スキルがきっつきつで捨てちゃったんだよねー。

取り直して、バレンシアでクララさんと艦隊くんで、その援助をかりて食料買いまくります。それで取引R6にしました。

そして金策がしたいぐおーさんと一緒に日本へ!

まぁ、イモ交易はちまちま稼ぐなら、東南アジアでイモとソバの交易していれば稼げると思います。

貢献度もあがって、堺にいけるように。

縫製のレシピほしいので、江戸までがんばって、通いたいわけですよ。

でっかく稼ぐために往復して、船に種子島満載したら、なんと、イスパ領内で70Mの利益がでました!!

・・・ってもこれ、副官船を利用だからですけどねー。


味をしめたとりきち。ウェブでいろいろみて、サフランが交換比率いいと聞き、マラガでサフランを買って日本へむかいました。

防火もちがいないので、火事で焼けてもいいお守りとしてメースを10ばかり商館買いして積み込み。


2010y01m05d_042650468


副官の毒ぱてなんを船長にして向かいます。
ぱてなんのレベルならば、商用大型ガレオンなんでしょうけど、ガレオンって船員多くて苦手なので、商用大型スクーナーにしております。


このとき、日本はまだ危険海域です。イモ交易中に海賊にあってますけど、どっきどきで向かうとりきちでした。


だけど、海賊はまだ、可愛いほうなんだよね・・

堺の治安は安定。サフラン1300ほどで、種子島が400ちょい??ええ??と思い、もう一度確認したら、今度は350??

相場をまとうかとおもったら、疫病ですよ、ちょっと。

200台とか100台とか下がるので、いっそこのまま相場のなりゆきをみてみようと思うことに。

100ずつほかの品物と交換してみながらその日は日本宿泊


2010y01m09d_005410828


お屋敷にて(勝手に)宿泊いたしました・・・

せっかくなので、ふつーの店売りの小袖ではなく、色変え自由な繊維取引+1ついた小袖に着替えております。


翌日、じーなさんにある程度相場をみてもらうようお願いするも、下降する一方。

そしてとりきちが確認したとき、それがおこりました。

もうほかのと交換して、イモ交易にきりかえようかとおもったとき。

サフラン900に対し、種子島 218→ 3という交換比率に・・・

え・・でもいま、情勢安定にもどったはずでは・・・・・

何度も目をこすり、現実時間で5分ほどしたとき・・・


サフラン900 種子島 700

きたーーーーーーーー!!!

早速売ります。そのほか、安く売られている種子島もゲットして、いろんな品物と一緒に倉庫は満載!
うきうきとして、ヨロッパへ!

そしてヨロッパでは・・・


2010y01m06d_222614951



サルベージ品でしまってあった品物を、水と食料がへったとこにおしこんで売ったら。


うふふふ、こんな金額に!!


それにしても、特産がかならずしも売れるわけではないし、相場に左右される南蛮交易。
わずかな時間でレートがものすごいいきおいで変わるわけです。

ウェブにのっている情報は、正しいのかどうかでさえもわからないのが南蛮交易。

ええ・・・文字通りギャンブルですね。

決して高価とはいいがたい品物でも、レート高かったりするわけで。
ものすごい変動するのに、賭けてヨーロッパからやってくるなんて、まさしく南蛮交易はギャンブルですよね。

まぁ、それが商売のおもしろさだけど!

しかし・・・南蛮貿易は、上級者向けというよりも、文字通り、一発賭け好きな商売人向けとしか今のとこ思えません・・



しばらくは、南蛮かよいする予定のとりきちでした。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://meganedol.blog48.fc2.com/tb.php/13-b86e4560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。